育毛剤 おすすめ

育毛剤 おすすめ/選び方3つのポイント

育毛剤の選び方1:配合成分

育毛剤にはいろんなタイプのものがあり配合成分も違います。そして薄毛の原因も様々です。

だからまず自分の薄毛の原因はなんなのかを知ることが大切です。

男性ホルモンの分泌によるものやストレスによるものや食生活によるものなど薄毛の原因は様々。

男性ホルモンの分泌が原因ならそれに合った成分配合の育毛剤を選ばないとなかなか思うような効果は得られないでしょう。

原因は1つかも知れないですし複数かもしれませんがまずはそれらを知ることから始めましょう。

育毛剤の選び方2:使いやすさ

使いやすいという点も育毛剤を選ぶうえで大きなポイントです。

薄毛の予防は短期間で済むという問題ではありません。

たからできるだけ使いやすくて肌にも負担がかからないということが大切です。

たとえば外出する時に育毛剤の匂いが強いと気になりますしつける時に液だれしてしまうものならその分ロスになりますし使い心地もよくありません。

またもし敏感肌の方であればできるだけ肌に優しい低刺激のものが安心だと思います。

これらを考えて継続していくのに負担にならないものを選ぶようにしましょう。

育毛剤の選び方3:継続できる価格

育毛剤はいろんなタイプが売られていてその価格も安価で買えるものから高価なものまであります。

一概に高価だから薄毛が改善するという訳でもなく自分にあったモノを継続して使い続けることが大切です。

そういう意味では継続できる価格帯のものを選ぶのもポイントですね。

金銭的に負担になったのでやめてしまったというのではつける意味がありません。

まずは購入を続けられる価格帯の中で自分にピッタリの育毛剤をみつけましょう。

育毛剤 おすすめ/人気(総合売れ筋)ランキング

1位:チャップアップ

チャップアップはシリーズ累計で500万本を突破。

独自成分にジンゲルシックスR(湿潤剤)という高知県四万十産の赤ショウガから抽出されたエキスを配合。

他の育毛剤に配合されている生姜エキスに比べても6-ジンゲロールがより多く含まれています。

加えて北海道のミツイシコンブから抽出された海藻エキスのM-034も配合。

他にも有効成分を5種類配合して合計50種類の育毛成分を配合して髪にハリやコシのアップを助けます。

そんなチャップアップは育毛剤の他にもサプリメントやシャンプーのラインナップも取り揃えていてトータルであなたの髪をケア。

使用感もツンとした匂いもなく無香料だから周りを気にすることなく使うことができます。

有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン
価格単品8,140円、定期購入7,400円
返金保証永久全額返金保証
内容量120mL/本
使い方1日1回30プッシュの使用が基本です。これで1か月分となります。
種別医薬部外品

チャップアップの口コミを見てみる>>

2位:イクオスEXプラス

イクオスEXプラスはあのモンドセレクションの金賞を受賞するなど国際的な評価機関からも認められている育毛剤です。

そしてその配合成分の数は全部で124種類。

その中には医学誌にも掲載された実績をもつアルガス-3も配合しています。

このアルガス-3はあのM-034をはじめ3種類の海藻から抽出した成分であなたの育毛を助けます。

しかも育毛効果があると話題のキャピシルやリデンシルと比べても優位性が認められています。

使い方もカンタン。朝と晩の1日2回つけて約1ヵ月で使い切れる分量です。

天然成分を数多く配合していて添加物は使っていないので敏感肌の人でも使うことができます。

そして香料も使っていないのでにおいに敏感の人でも問題なく使うことができる育毛剤です。

有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、クジン抽出液、トコフェロール酢酸エステル
価格毎月お届けコース5,980円
返金保証90日間全額返金保証
内容量120ml
使い方朝と晩の1日2回を推奨。
種別医薬部外品

イクオスの口コミを見てみる>>

3位:ポリピュアEX

ポリピュアEXは医学誌である「医学と薬学」にも掲載された実績を持つ厚生労働省に認可を得ている薬用育毛剤です。

独自配合されているバイオポポリン酸をこれまでの30%増量してナノサイズでその浸透性にもこだわりを追求。

このほかにもパントテニルエチルエーテルなど4つの有効成分を配合して新しい発想の育毛ケアが可能に。

そしてその使用感は気になるところに直接届くジェットスプレーノズルだから気になるところにダイレクトに届けることが可能です。

べたつきやニオイも気にならないので使いやすく続けやすい育毛剤であることが話題に!

しかも敏感肌対応パッチテストなど4つの試験にクリアしていることで肌の弱い方でもストレスなく使うことができる仕様となっています。

有効成分ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル
価格定期コース6,800円
返金保証45日間全額返金保証
内容量120ml
使い方朝と晩の1日2回
種別医薬部外品

ポリピュアEXの口コミを見てみる>>

4位:フィンジア

フィンジアは20~50代が選ぶスカルプケア用品ナンバーワンのスカルプエッセンスです。

それと同時にリピートして使いたいスカルプケア用品ナンバーワンでもあります。

その配合成分はキャピシルとピディオキシジルの2大スカルプ成分を配合。

それらに加えてカプサイシンなどの天然成分からできているので副作用の心配なく使うことができます。

そしてサポートには毛髪診断士が常に待機しているのであなたの髪についての悩みに丁寧にアドバイスをもらうことができます。

使い方はカンタンで1日2回朝と晩に使うことを推奨。

医薬品成分は入っていないので副作用の心配も一切なく安心して使うことができます。

30日間の全額返金保証がついているのでぜひ試してみたいという方におすすめです。

有効成分キャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシン
価格12,800円(税抜)、定期コース9,980円(税抜)
返金保証30日間全額返金保証
内容量50ml
使い方
種別

フィンジアの口コミを見てみる>>

5位:M-1育毛ローション

M-1育毛ミストはすでに販売本数の累計が100万本を超えている人気の育毛剤です。
またその効果も海外での賞を受賞していることからもわかるようにとても高い評価を得ています。

その賞とは第7回世界毛髪研究会議で開発チーム250の中からわずか7つにしか与えられないというもの。

M-1育毛ミストは世界的な会議での育毛効果が証明されたということなのです。

M-1育毛ミストの特徴はべたつかない、匂わない、水のようにサラッとした使い心地だから毎日使うのにストレスがないということ。

この使いやすさが「知人にすすめたい」という評価にもつながっているのでしょう。

またM-1育毛ミストは数多くのテレビ通販やメンズクラブや美STなどのメディアや雑誌に掲載されています。

現在1か月間の返金保証付きとなっているのでその効果を確認したいという方は試してみるチャンスです♪

有効成分グリチルリチン酸 2K、センブリエキス、ニンジンエキス
価格通常9,988円
定期初回3,980円
返金保証1ヵ月全額返金保証
内容量200ml
使い方
種別医薬部外品

育毛剤 おすすめ/育毛剤と発毛剤の違いとは?

この両者の役割の違いは?

育毛剤と発毛剤はどの辺が違うのか?自分の場合はどちらをチョイスすればいいのか?

そんな方も多いのではないでしょうか。

この両者の違いはその文字の通り育毛剤は「毛を育てる」、発毛剤は「毛を生やす」ということになります。

最近抜け毛が多くなってきて髪の毛のコシもなくなってきたなという方にはまずは育毛剤がおすすめです。

一方、発毛剤はすでに薄毛が進行してしまって頭皮が薄くなってきている状態の方におすすめの頭皮ケアの方法です。

両者の分類のしかたなどの違いは?

育毛剤と発毛剤はその分類の仕方から違いがあります。

育毛剤は「医薬部外品」というカテゴリに属するもので厚生労働省から効果効能が認められている成分を配合したものをいいます。

一方、発毛剤は「医薬品」というカテゴリに属していてこちらは厚生労働省からその効果を認められている薬として作られているものをいいます。

育毛剤はおもに薄毛を予防することを目的に作られていて発毛剤は薄毛の治療を目的に作られていると考えて良いでしょう。

副作用に違いはあるの?

両者とも直接、頭皮につけるものなので肌に合わない場合はかゆみやヒリつき、赤みなどの頭皮トラブルが起きる場合があります。

発毛剤の場合はミノキシジルという薬を配合しているのでこれらの頭皮トラブルに加えてめまいや頭痛、手足のむくみなどの副作用が起きるケースがあります。

ミノキシジルはもともと血圧を下げる為の薬なので低血圧症や高血圧症、心臓疾患などの方は医師又は薬剤師に相談したうえで使ってください。

育毛剤と発毛剤を併用すると効果はアップする?

育毛剤と発毛剤の併用はおすすめしません。

なぜなら併用することでお互いの有効成分が混ざり合ってしまい本来の効果が発揮できなくなる危険性があるからです。

また互いの成分が混ざり合うことで思わぬ副作用や頭皮トラブルを起こさないとも限りません。

これまでの説明からこの両者からあなたの頭皮の状態にあったチョイスをして使うことをおすすめします。

育毛剤 おすすめ/効果

育毛剤の効果について

育毛剤の効果はどこまで期待できるのかを解説してみたいと思います。

育毛剤を使ってどれぐらいで効果が実感できるのか?AGAと言われる男性型脱毛症には効果があるのか?またはM字と言われる前頭部の髪の毛やO型といわれる頭頂部の薄毛に対しても効果があるのか?などについてです。

まず育毛剤はあくまでも現在生えている髪の毛が抜けるのを防いだり太く育てるということについて効果を発揮します。

しかし抜けてしまっている部分に新たに毛を生やすことはできないということを押さえておいてください。

つまり薄毛が進行した段階では育毛剤よりも発毛剤やクリニックの方が満足のいく結果が得られます。

育毛剤はあくまでも薄毛の初期の段階で使うことで効果を発揮するものです。

育毛剤はどれぐらいで効果を実感できるのか?育毛剤を使って途中で挫折する人の多くが使っている期間が短すぎるという方です。

1~2か月使ってみて「効果なし」という結論を出す人が多いですが育毛剤はまず頭皮環境を整えることから始まるので実際に髪の毛に効果を感じるまでは最低でも3か月間は使い続ける必要があります。

これでようやく頭皮の環境が改善して髪の毛が元気に育つ準備ができたというところです。

もちろん頭皮の状態には個人差もありますから効果を実感するまでは早い人もいれば時間がかかる人もいます。

これらを考えると焦って結論を出すのは禁物です。

最低でも3~6か月間は使い続けないと正しい判断はできないということを覚えておきましょう。

AGA(男性型脱毛症)に効果はあるのか?

薄毛になってしまう原因は遺伝によるもの、生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。AGAは遺伝により発症することが多いといわれています。

そのメカニズムは男性ホルモンのひとつである「テストステロン」という物質が5αリクターゼという物質と結合することでできるDHTに変換。

このDHTが薄毛の原因になるといわれています。

なのでもし親族で薄毛のいる場合はAGAを疑ってみる必要があります。

そしていったんAGAを発症してしまうと育毛剤では思うように効果をえられない可能性が高いです。

しかし抜け毛が増えてきているという段階であれば育毛剤を使ってAGAの進行を遅らせることは十分可能です。

抜け毛が増えてきたと思ったら早いうちに育毛剤を使って薄毛対策をしておくのがよいでしょう。

育毛剤 おすすめ/使い方

育毛剤の使い方について

いくら評判の良い育毛剤でも使い方を間違えれば効果は期待できないことになります。

そして1回で使う量とか頻度、つけるタイミングなどは育毛剤により違ってきます。

それぞれの育毛剤で配合成分が違うので当然といえば当然ですよね。

育毛剤はただつければよいというわけではなく正しい使い方をしてはじめてその効果を発揮することが可能となります。

ここではこの点を押さえつつ基本的な育毛剤の使い方を解説してみたいと思います。

育毛剤の1回につける量に関してはまちまちですが一番効果の上がるタイミングは共通しています。

それは夜お風呂に入った直後につけるのが一番効果的です。

なぜなら身体の温まっているタイミングであることと頭皮が清潔な状態なので育毛剤の成分が一番浸透しやすいタイミングだから。

当然ながら頭皮が汚れているとせっかくの育毛成分も浸透しにくくなります。

またシャンプーをするときはあまり強くゴシゴシこするのは良くありません。

強く洗うことで髪の毛や頭皮に負担をかけてしまいます。

シャンプーする時は指の腹を使って優しく洗う感じでも十分頭皮の汚れは落とすことができます。

また洗い流すときも頭皮の刺激にならないよう熱すぎず冷たすぎない適温の温度で流すことを心がけてください。

また夜に育毛剤をつけると効果的だというもう一つの理由は睡眠中は髪の毛の成長する時間帯なのです。

睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になりそれに伴い毛母細胞の働きも活発になることが知られています。

だからその前に育毛成分を浸透させておくのは髪の毛を育てるという面でもとても良いとされています。

そして育毛剤をつけた後は頭皮マッサージです。

頭皮マッサージには血行を良くするという効果はもちろん頭皮のたるみを防止するとか白髪の予防の効果もあるとされています。

またマッサージを行うことにより気分のリフレッシュ効果も期待できます。

頭皮マッサージは時間にして2~3分ほど。

前頭部、側頭部、後頭部などパーツに分けて進めていくとスムーズに進められるでしょう。

マッサージを行う時は指先を使うのではなく指の腹を使っておこないます。

コツとしては頭皮をこするのではなく指で頭皮全体を動かすようにすることを心がけてください。

そして頭皮のマッサージを一通り終えたら仕上げに百会というツボ押しも行ってください。

百会は頭のてっぺんにあるツボでここを押してあげることで頭皮の血流が良くなるとされています。

指の腹で痛気持ちいいぐらいの強さで3秒ぐらいを数回押すのが効果的とされています。

頭皮マッサージを終えたらしばらく放置して育毛成分の浸透を促します。

それからドライヤーで乾かして終了です。

頭皮に水分が残っていると雑菌の繁殖の原因となり髪の毛の成長にもよくないので完全に乾かしてから就寝してください。

育毛剤 おすすめ/副作用

育毛剤の副作用について

ここでは育毛剤の副作用について解説してみたいと思います。

例えばミノキシジルやフィナステリドなど発毛剤の副作用はめまいや男性機能の低下、かゆみや赤み、脱毛、腹痛などは実際にあげられています。

ただし育毛剤は発毛剤とは違い医薬品ではないのでクスリみたいな重篤な副作用というのは考えなくても大丈夫です。

基本的に育毛剤は天然の成分から抽出したエキスなどからできているので発毛剤のような副作用の心配はしなくてもよいです。

髪の毛への効果という面では発毛剤の方が即効性がありますが育毛剤の場合は効果の出方が緩やかなので副作用の心配がほとんどないのです。

ただし直接肌につけるものなのでどうしても肌に合わないなどの個人差がでるのは防ぎようがありありません。

またいくら効果の感じ方が緩やかだといってもまれに初期脱毛という反応が出る場合があることも覚えておきましょう。

この初期脱毛とは育毛剤をつけることにより頭皮の環境が改善します。

薄毛の原因となるヘアサイクルの乱れが正常に戻るときにおこる「好転反応」といわれるものです。

症状としては育毛剤をつけ始めて1か月後ぐらいに抜け始めて約1~2か月ぐらいで収まるといわれています。

ただしこれは頭皮の状態が徐々に改善している証拠なので心配する必要はありません。

そして育毛剤を使ってこの症状が起きる確率はかなり珍しいといってもよいでしょう。

また育毛剤をつけることにより頭皮に異常が出ないとも言い切れません。

もし育毛剤を使ってみたいけれど敏感肌なので肌に異常が出ないか心配だという場合はパッチテストをしてみるといいでしょう。

パッチテストとは目立たない場所につけてみて肌に異常が出ないかをテストするというもので化粧品などでも一般的に行われているものです。

場所としては二の腕の裏などの目立たない場所につけて30分ほどそのままにしてふき取ってください。

それから49時間放置してみて肌に異常が出ていないかをみて問題なければ大丈夫だということになります。

また育毛剤には年齢制限など使ってはいけない制約があるのかについてです。

例えば10代の高校生や大学生などは使うことができるのかということですが育毛剤は問題なく使うことができます。育毛剤は発毛剤とは違い天然成分からできています。

目的は発毛ではなく頭皮の環境を整えることなのでその効果も限定的なのです。

最近では生活様式や食生活などの変化や過度なストレスが原因で若い人でも薄毛を気にする人が多くなってきています。

だからもし抜け毛が気になるようであれば積極的に育毛剤を使った対策をおすすめします。

育毛剤 おすすめ/通販

育毛剤の市販について

育毛剤を取り扱っているのは街の店頭で売られているモノや通販限定のものなど数多く存在します。

例えばマツキヨやツルハドラッグ、スギ薬局などのドラッグストアの市販品、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなど通販で買えるものなどです。

その種類の多さから「いったいどこで買うのが一番なの?」という方も多いのではないでしょうか?

ただ育毛剤という商品の性質上からいって街中のドラッグストアで買うのは恥ずかしいという方も多いかと思います。

そんな方はAmazonや楽天などの大手ショッピングサイトから購入すればストレスを感じることはないと思います。

ドラッグストアで取り扱いのある育毛剤はほぼ全商品がこれらAmazonでも販売していますからね。

取り扱いのある育毛剤は安価なものから高価なものまで多岐にわたります。

育毛剤によっては丁寧な説明が書かれているので自宅でジックリ比較してから買うことができるので失敗する確率もグッと下がります。

またこれら通販サイトでは購入時期によってはポイントが沢山つくこともあるのでそんな時はお得感も感じられます。

また同じ通販で購入する場合でも育毛剤のメーカーの運営しているサイトから直で購入するという方法もあります。

これらメーカーから購入することができる育毛剤は相対的に配合成分にこだわりがあるものが多いです。

ただ品質が高いかわりに値段もお高めのものが多いですね。

ただ初回購入分に返金保証をつけているところもあり「とりあえず使ってみたいな。」という方には利用しやすい点でもあります。

またこれらメーカーから直接買う場合は定期購入を前提としています。育毛剤は続けて使わないと効果を実感できないですからね。

ただその分、安く購入できたり送料が無料になるなどというメリットもあります。

また中にはユーザーサポートとして毛髪診断士をおいて使い方などのアドバイスをしてもらえるというメーカーもあります。

今の時代は売りっぱなしでは継続した売り上げにはならないのでユーザーファーストにならざるを得ないんですね。

これらを考え合わせると本気で抜け毛や薄毛を対策したいというのであればアフターサービスのしっかりしたメーカーから直接購入するのが失敗しない育毛剤選びになるのかと思います。

ネットでは口コミも数多く見つけることができるのでこれらも入念にチェックしたうえであなたにピッタリの育毛剤を見つけるようにしましょう。





育毛剤 おすすめ/成分について

頭皮環境を改善する成分

センブリエキス

センブリとは日本をはじめ朝鮮半島や中国の日当たりの良いところに生育しているリンドウ科の2年草の植物をさします。ちなみにこの名前の由来は千回振り回しても苦みが残るというところからきています。センブリエキスはこのセンブリから抽出したエキスのことです。このエキスの効果としては毛根の血管を強くしたり末梢血管を拡張する作用があり血行をよくすることで知られています。こんな作用から細胞の代謝をよくしたり発毛を促進の効果があることから育毛剤にもよく使われています。

ニンジンエキス

ニンジンエキスはウコギ科の多年草であるオタネニンジンの根から抽出されるエキスのことを言います。ニンジンとは通常のオレンジ色のニンジンではなく高麗人参とか朝鮮人参と呼ばれているもので古くから薬草として良く知られています。このニンジンエキスの効果は塗布すると血行を促進する効果があるほか抗菌作用や抗酸化作用があることから頭皮環境を整えて発毛促進が期待できます。血行の促進効果があることからもし育毛剤を使って赤みが出た時は使うのを控えてください。

パントテニルエチルエーテル

パントテニルエチルエーテルはビタミンB群のひとつで医療でも使われているもので毛髪の疾患の治療にも使われます。また保湿効果や皮膚の代謝をよくしたり皮膚組織の活性化を促す効果もあります。そして炎症を抑えたり頭皮の環境を整えることができるので薬用シャンプーや育毛剤のように頭皮のケアや薄毛を改善するための商品にもよく使われています。抜け毛だけでなく髪の毛にハリやコシがなくなった人にも効果があるとされています。

発毛を促進する成分

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムはマメ科の甘草の根茎から抽出されたものです。この甘草は多年草の植物で乾燥した土地に生えています。おもに地中海地方や中国北部、北アメリカなどに自生しており根を乾燥したものは生薬として用いられています。そして抗炎症作用、抗アレルギー作用があり頭皮の環境を改善する効果があるます。このことから育毛剤に使われているほか薬用のスキンケア用品やシャンプーなどにも使われています。

セファランチン

セファランチンは食物由来の成分でタマサキツヅラフジから抽出されます。このタマサキツヅラフジはつる性植物で中国南部や台湾の平地から山地にかけて生えていて生薬として炎症をおさえたり抗アレルギー作用があります。また血管を拡張させる作用もあるので薄毛の治療で使われることもあります。ただしすべての薄毛に効果があるわけではなくよく利用されるのが円形脱毛症に対して処方されることが多いです。内服薬は医師の処方がないと購入できません。

抜け毛を予防する成分

t-フラバノン

t-フラバノンは花王が独自で開発した成分でサクセス育毛トニックなど花王の商品だけに配合されています。その効果としては血行の促進や抜け毛を抑制する効果が知られています。またこのt-フラバノンは副作用がなくそのリスクは極めて低いとされています。ミノキシジルと同様に血行の促進効果が見込めますが発毛効果は見込めません。リスクは低く抑えながら育毛効果は期待できます。

保湿効果がある成分

チョウジエキス

チョウジエキスとはチョウジノキからとれるエキスのことです。このチョウジノキはスリランカやモーリシャスなどで栽培されていてこの花のつぼみを乾燥させて香辛料として使われています。このチョウジから抽出したものがチョウジエキスですがその効果としては炎症を抑えたり殺菌効果、血行促進効果があります。またAGAの原因とされる5αリダクターゼを抑制させる効果も確認されています。これらの効果から育毛剤にも使われて頭皮環境の改善に役立っています。

ヒオウギ抽出液

ヒオウギ抽出液はヒオウギというアヤメ科の多年草の植物からとれるエキスのことを言います。このヒオウギは本州、九州、四国の山野や海岸に自生している植物です。葉が扇状に広がっているところからこの名前がついているとされています。そしてヒオウギ抽出液の効果は薬としても使われていてのどの痛みや気管支喘息の治療にも使われていて抗菌作用や抗炎症作用もあります。また毛髪関連でも活躍していて男性型脱毛症の原因とされる5α-リダクターゼを抑制することから薄毛の改善効果が認められていることから育毛剤にも配合されています。

タイトルとURLをコピーしました